クラウド型AI開発支援サービス 「SYNAPSE Creative Space」

医療機関・研究機関における画像診断支援AIの開発を支援する
クラウド型AI開発支援サービス

クラウド型AI開発支援サービス「SYNAPSE Creative Space」はじめませんか?

クラウド型AI開発支援サービス「SYNAPSE Creative Space」とは

クラウド型AI開発支援サービス
「SYNAPSE Creative Space」とは

AI技術の進歩によって画像解析技術が大きく進化していく中で、これら技術の臨床現場での活用に向けて画像診断支援AI開発が進んでいます。
しかし、画像診断支援AI開発には、高度な工学的知識が必要、アノテーションやプロジェクト推進・管理において医師の作業負荷が高いなどの課題があります。

富士フイルムの「SYNAPSE Creative Space」は、画像診断支援AI開発を All in Oneでサポートするプラットフォームであり、AI開発のプロジェクト管理、アノテーションツール、学習エンジンを使用したAIモデル作成、AI実行などの機能を備えるサービスです。本サービスにより、医師の作業負荷軽減、高度な工学的知識やプログラミング不要の画像診断支援AI開発が可能になります。

機能

プロジェクト管理

プロジェクト管理

ダッシュボードによりアノテーションの進捗やAIモデルの学習状況をひと目で分かるようにします。

アノテーション

アノテーション

臨床現場で使用されている富士フイルムの読影システム「SYNAPSE SAI viewer」と同様の画面デザインのため、画像診断環境に近い操作感で、効率的かつ直観的に画像の閲覧やアノテーションが可能です。

学習プラットフォーム

学習プラットフォーム

学習エンジンを使用してAIモデル作成を簡単に扱えるように機械学習をツール化し、AI開発に必要な情報を一元管理します。

AI実行

AI実行

学習プラットフォームが生成するAIモデルを柔軟に処理、実行します。

学習エンジン紹介

Segmentation

Segmentation

画像中のピクセル単位ごとに、周辺のピクセル情報に基づいて分類し、領域を特定するタスク(臓器の抽出や、腫瘍領域の抽出や異常部位の特定)に用います。

Detection

Detection

画像中から検出対象を囲む矩形領域 (Bounding Box) を検出するAIモデル。腫瘍候補などの位置のみを特定するタスクに用います。

Classification

Classification

指定・抽出した画像中の領域を分類するAIモデル。画像所見に対する良悪性鑑別や遺伝子タイプの推定などのタスクに用います。

関連薬事情報

「SYNAPSE SAI viewer」は以下の医療機器を含む製品の総称です。
 販売名 :画像診断ワークステーション用プログラム FS-V686型 認証番号 : 231ABBZX00028000
 販売名 :肺結節検出プログラム FS-AI688型 承認番号 : 30200BZX00150000
 販売名 :画像処理プログラム FS-AI683型 認証番号 : 231ABBZX00029000
 販売名:肋骨骨折検出プログラム FS-AI691型:承認番号:30300BZX00244000